1. TOP
  2. MCTオイル/バター
  3. ギーとは? 簡単にできるギーの作り方

ギーとは? 簡単にできるギーの作り方

MCTオイル/バター この記事は約 2 分で読めます。

ギーとは?

ギーは乳脂肪製品で、インドなどの南アジア諸国で古くから食用に使われきました。

ギーは糖質、タンパク質などが取り除かれるためアレルギーを起こす恐れがなく、バターより栄養が濃くなっています。

ビタミンを豊富に含み、肥満や病気のリスクを下げるなど、多くのメリットを備えているといわれています。

乳の濃厚さの中にほんわり甘く、独特な香りがします。

 

バターがあれば簡単に作れるので作ってみました!

ギーの作り方 

所要時間は約30分。

必要なもの

材料・・・バター

道具・・・鍋、アク取り用のおたま、ザル、キッチンぺーバー、耐熱ビン。

 

手作りギーの手順

  1. 鍋にバターを入れます

  2. 火にかけてゆっくりバターを溶かします(弱火と中火で調節しながら)

  3. ふつふつしてアクが出てくるので、すくい続けます。(焦げないように時々かき混ぜる)

  4. 沈殿した固形分が下にたまってきます。それが褐色になり、全体が透明な薄いきつね色になったら火を止めます。

  5. こします。

  6. 耐熱性のビンに入れそのまま冷やします。しっかり冷めたら蓋をしめます。

(気温や分量によりますが、冷暗所で数週間、冷蔵庫で数か月保存ができます)

 

ギーを一度味わってみてほしいです。

お取り寄せもできるので、

こちらにご紹介しておきます。

\ SNSでシェアしよう! /

べっぴん美人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

べっぴん美人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • MCTオイルの効果的なとり方 

  • 「ココナッツオイル」なら、どれがいい?

  • 「ブレインオクタンオイル」とは

  • グラスフェッド無塩バターがなぜ良いのか?グレインフェッドとの違いとは