1. TOP
  2. 美容
  3. 乾燥の季節到来!知っておきたい肌の老化現象と乾燥肌の仕組み

乾燥の季節到来!知っておきたい肌の老化現象と乾燥肌の仕組み

美容
この記事は約 5 分で読めます。 80 Views
DI_IMG_5638-thumb-815xauto-178161

秋から冬にかけては1年で最も空気が乾燥する季節です。空気が乾燥すると肌がカサカサになってしまうのはご存知だと思います。肌は一定の水分、つまり潤いがないと乾燥してしまい、様々な弊害があります。

例えば乾燥は肌のシミの原因になります。

シミの原因といえば紫外線では?と思うかもしれませんが、実は肌のシミの大きな原因は乾燥にあります(詳細は後

乾燥は特に顔の肌にとって大敵であり、肌の老化現象を早めてしまう大きな要因になります。そのため秋から冬にかけての乾燥の季節は肌が乾燥しないように対策を講じる必要がある季節といえます。

 

肌のシミの大きな原因となる乾燥

fd5f65dd7862851697f935d5e2c5715f_s

 

シミの主な原因は紫外線であるという情報は間違っていません。そのため夏はシミ対策として日焼け止めを塗る女性は多いし、日焼けするのは健康的、という概念を改め、子供の日焼け対策を考える親も増えてきているようです。

紫外線がシミの原因を作るなら、乾燥肌はシミが残りやすい状態を作るといえます。

そのためどちらのケアも万全でないとシミ対策は不十分になります

シミができてしまう大きな要因はメラニン色素です。

肌は適度に水分を保っている状態が最もターンオーバ(新陳代謝)が活発です。ターンオーバーが活発な状態なら肌がどんどん新しく作られ、古い肌細胞である角質と一緒に肌に沈殿したメラニンも剥がれ落ち、残りません。

つまり、シミの原因となるメラニン色素の沈着は紫外線によって起こりますが、沈着したメラニン色素を肌に残さないためにはターンオーバーが大切であり、乾燥肌はターンオーバーを鈍らせてしまう、という理屈です。

逆に考えると乾燥肌を防ぎ、常にターンオーバーを活発にしていれば少しくらい日焼けしてもシミにはなりにくい、ということになります。

子供が大人と比べて日焼けによるシミが少ないのは新陳代謝の違いが大きいと思われます。

以上のように、シミ対策は紫外線対策と乾燥肌対策(ターンオーバの維持)を両立してこそ充分な効果を発揮すると覚えておきましょう。

乾燥肌=老化現象

o0520037013088429131

すぐに肌が乾燥してしまう、乾燥肌の人は特に女性に多い印象があります。肌乾燥しやすいということはそれだけ肌の老化現象が進行している、という場合があります。

肌が乾燥してしまう原因は当然、水分が不足するからです。

なぜ乾燥肌が老化している肌なのかというと、化粧水などで保湿しても肌が老化していると水分をキープする力が劣っているため、すぐに水分が失われ、水分不足の乾燥肌になってしまう、ということです。

また、洋服などの布で例えるとわかりやすいですが、乾燥した布の場合、シワは簡単についてしまいますよね?しかし濡れた布ならシワはつきません。

肌もこれと同じ理屈で、乾燥している肌はシワができやすい状態です。

そして乾燥肌で水分が不足してしまうと肌の細胞1つ1つが硬くなってしまい、肌のハリが失われてしまいます。

水分を十分吸収している花瓶の花は水々しく、適度に再生能力もありますが、水分のないカラカラの花はしおれてしまいます。極端な話、ドライフラワーになってしまうとボロボロです。

水分不足による肌の老化とは、このような状態を思い浮かべるとわかりやすいかもしれません。

肌の老化現象を抑える努力を

 

結果として肌の乾燥状態が長く続くと、上したようにターンオーバーが鈍くなり、シミができやすくなるし、何より新陳代謝が低下していることになるので新しい肌が生成されず、美肌を保つことができなくなってしまいます。

老化現象は一度進行すると取り戻すのはとても難しい話です。肌を若返らせるのも一朝一夕で出来ることではありません。

すでに乾燥肌が人並み以上、という自覚がある人は肌の老化現象が進行している可能性があります。そのため、まず必要なのは老化現象の進行を遅らせることです。

化粧水をつけて保湿してキープ力が弱いと感じた場合は、化粧水の後にオイルやクリームも使って水分保持を高める、といった努力が有効です。

乾燥肌がになる人はクレンジングによるメイク落としも注意が必要です。

シートタイプのクレンジングは肌の水分も多く奪うため、潤いが失われる要因となります。

秋や冬は寒い季節ですが、熱めのお湯での洗顔は水分が蒸発しやすくなります。そのため洗顔の際は少なくともぬるま湯、出来ることなら冷たい水で行うのがベストです。

 

肌の潤いキープを助けるセラミド

6172eeb3-ad90-4087-a57e-3e22131f726b

水分をしっかりキープできる肌が若々しい肌といえます。

若々しい肌を保つために重要な物質が【セラミド】です。体内にセラミドという物質が充分にあれば潤い肌をキープできます。逆にセラミドの不足は肌の老化現象を進行させてしまいます。

セラミドはコラーゲンと同様に加齢とともに体内から減っていくことがわかっています。さらにコラーゲンと同様に、食物の栄養から摂取するのが難しい物質とされています。

肌の乾燥が原因で起きるシミやシワが老化現象の典型であるのはこのためです。

現在ではセラミド配合の保湿クリームやスキンオイルが開発され、市販されています。肌のアンチエイジングのためにはセラミド配合の保湿クリームやスキンオイルが有効です。

肌は老化現象とともに保湿性が低下してしまい、それが原因でシミやシワが増えます。

これは体内のセラミドの減少が主な原因です。体内のセラミドは加齢とともに減っていき、現在の再生医療でもセラミドの減少を抑えることは出来ません。

セラミド配合の化粧水などを使えば肌の保湿性はある程度改善されますが、決して肌本来の保湿力が回復するわけではありません。

その点は勘違いしないように注意が必要ですが、セラミド配合の化粧水や保湿クリームが良好な肌の保湿成分であることは確かです。

そのため乾燥の季節は、乾燥対策としてセラミド配合の化粧品を使うのが乾燥対策として有効です。

\ SNSでシェアしよう! /

べっぴん美人の注目記事を受け取ろう

DI_IMG_5638-thumb-815xauto-178161

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

べっぴん美人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Y・takizawa

Y・takizawa

美容とは身体の外側からも内側からもキレイになるように努力し、自身を磨きあげることだと考えます。
特に身体を内側からキレイにすることは美容の本質であり、身体と共に精神に対するヒーリング効果が期待できます。
身体を外からも中からもキレイに磨き、それが幸福感につながり毎日笑顔で過ごせるようになる、これが理想の美容道である。
記事を書く時はいつもそんなようなことを考えています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 乾燥の季節到来!知っておきたい肌の老化現象と乾燥肌の仕組み

  • 再生医療の進歩から見える最新のアンチエイジング

  • 男性はかなり気にしている!?乳首が黒ずんでしまう原因

  • 近年増加傾向にある乳がん、基礎知識と自己診断の重要性

関連記事

  • 敏感肌の毛穴ケア!洗浄力が◎2重丸なのに突っ張らない新感覚クレンジング

  • 47歳であかちゃんの肌?!すっぴんでも可愛い女性でいたい!

  • 美しくホットなひざ下は「足首ストレッチ」で手に入れよう!

  • 乾燥、紫外線に悩むあなたへ!強くてキレイなお肌への近道はコールドプレスジュースにあった!

  • 美しいオンナを質の高い睡眠で作り上げる方法13選

  • 腕を上げる事さえ躊躇してしまう脇汗。あなたのワキ汗はどのタイプ?