1. TOP
  2. 美容
  3. ファイトケミカルスって知ってる?

ファイトケミカルスって知ってる?

 2016/11/01 美容
この記事は約 9 分で読めます。 142 Views
1465705473

ファイトケミカルス、、、なんだか聞きなれない言葉ですよね。

私自身、最近になってやっと耳にしたこの言葉、、、実はこれがキレイの元なんです!

今回はこのファイトケミカルスについて紹介していきたいと思います♪

【ファイトケミカルスって何?】

fgbdfnfgnd

野菜や果物は自分の力では動くことができません。そんな彼らが自らの身を守るために作りだす成分。それが『ファイトケミカルス』

ファイトとは「植物」の、ケミカルスとは「化合物」という意味です。ファイトケミカルスとは植物が自分の身を守るために作りだした色素、香り、辛み、苦みなどの機能性成分のことを指します。

赤や紫などの色素は紫外線から身を守るために。苦みや渋みは外的に食べられてしまわないために。

そんな野菜、果物たちがもつ『パワー』を取りいれていくことで、私たちの美容と健康は1ランク上のものとなります!

ファイトケミカルスは野菜や果物だけではなく、豆類、いも類、海藻、お茶やハーブなど様々なものに含まれいて、現在だと約1500種類ほどが発見されています。

野菜や果物の皮や種、芯などの本来なら捨ててしまうような食べにくいところに含まれていることも多いため、効率よく摂取するためにも、できるだけ丸ごと食べることがオススメです♪

【なぜ、ファイトケミカルスが必要?】

sfasvasgda

ファイトケミカルスは植物が身を守るために作り出した成分。それがなぜ私たちに必要なのでしょう?

私たちは常に紫外線を浴びたり、ストレスや疲れ、環境ホルモンなどの外敵にさらされて生活しています。こうした外敵に接することで私たちの体内では『活性酸素』という物質が作り出されます。これがエイジングや病気を引き起こす原因なんです!ファイトケミカルスはこの活性酸素を体から消去してくれるという凄いパワーを持っているんです!だから、キレイな体を保つためにはファイトケミカルスが必要なんですね♪

ファイトケミカルスを摂ることで以下の三つの効果が得られるんです!

1.疲れやストレスのダメージから体を守る

2.体にたまった毒素、ムダをデトックス

3.お肌や体のエイジングにストップ

既にモデルさんや女優さんの間ではファイトケミカルスは常識になっていて、食生活に積極的に取り入れているようですね!

だからこそ、あんなに綺麗な体を維持していけるんですね♪

ファイトケミカルス、、、実はとても凄いパワーを秘めていそうです!

【きれいを支える栄養素】

野菜や果物にはビタミン、ミネラル、食物繊維などの栄養素が含まれており、それが私たちの美容や健康を支えてくれています。

その大切な栄養素の中にファイトケミカルスも含まれているのです。あまりなじみのない言葉かもしれませんが、リコペン、βカロテン、イソフラボンなどの聞きなれた成分たち。これも実はファイトケミカルスの仲間なのです!

それでは、まずは植物に含まれる代表的な栄養素を紹介していきます。

・食物繊維

 体にはほとんど吸収されない成分。とくに野菜や果物に豊富に含まれています。体に有害な物質や不要な物質を体外に排出する働きあります。ダイエットや便秘解消を助けてくれるんです♪

・糖質

 脳や体を動かすエネルギー源です。果物には主に果糖、オリゴ糖。いも類にはでんぷんなどの糖質が含まれています。ただ、摂りすぎると体脂肪になってしまうので注意!!

・ミネラル

 骨を構成したり、体の調子を健康に保つものです。主にカルシウムや鉄、ナトリウム、マグネシウム、リン、亜鉛などが含まれます。

・ビタミン

 体を健康に保つためには欠かせない栄養素で、ファイトケミカルスの仲間です。体内では充分に生産することができないため、体外から食べ物などで摂る必要があります!

これらの栄養素はどれも健康的に生活していくためには必要不可欠な栄養素です。常に摂取することを意識して生活することは大切です。

次にファイトケミカルスの種類について解説していきます。

【ファイトケミカルスの種類】

野菜

ファイトケミカルスには大きくわけて5種類ほどに分かれていて、それをさらに細かく分類すると1500種類にもなります。

代表的な5種類

・ポリフェノール類(アントシアニンなど)

・カロテノイド類カロテンなど)

・イオウ化合物(イソチオサネートなど)

・ビタミン類(ビタミンC、ビタミンEなど、葉酸)

・その他

野菜や果物には赤や黄色、緑などの色が付いていますが、その色こそが抗酸化作用たっぷりのファイトケミカルスなのです!

色ごとに含まれているファイトケミカルスが違うので、それぞれにどんな物が含まれているか理解して行きましょう♪

の野菜・果物】

食卓を華やかに演出する『赤』の野菜や果物にはトマトやスイカ、唐辛子など様々なものがありますね。その中でもファイトケミカルスがより多く含まれているものを紹介します!

fghdfndf

トマト

 豊富に含まれたリコペンによりファイトケミカルスの中でも最高クラスの抗酸化力があります!さらに肌のハリをUPさせる美肌効果もあり♪

すいか

 リコペンとβカロテンにより高い抗酸化力があります。βカロテンにより新陳代謝を促し、夏の紫外線に負けないお肌を作り上げます!

唐辛子

 カプサンチンによる高い抗酸化力。カプサイシンによる脂肪燃焼効果が期待できます♪

いちご 

 赤い色素はブルーベリーでお馴染みのアントシアニン。目の働きを助けたり、疲れ目改善の効果あり!また抗酸化力の高いポリフェノールの宝庫!

赤の野菜に含まれるファイトケミカルスは特に抗酸化力が強く、その他にもお肌のサビつきを防いだり、脂肪の燃焼を促してくれたりと女性にうれしい効果がいっぱいですね♪

の野菜・果物】

緑の色素には『クロロフィル(葉緑素)』が含まれています。これには抗がん作用、コレステロール値を抑える働き、ダイオキシンなどの有害な物質を体外に排出するデトックス効果があります。クロロフィルはすべての植物に含まれているので、ここでは緑の野菜、果物の持つクロロフィル以外の成分についてピックアップしていきます♪

dscascasdcsac

ブロッコリー

 デトックス効果絶大!がん予防、アレルギー反応を抑える効果もあります。まるでお薬のような魔法の野菜♪

ほうれんそう

 βカロテン、ビタミンが豊富。アンチエイジングや免疫力UP。目の老化を防ぎ、視力の低下を防ぐルテインも多く含まれています。

キャベツ

 辛み成分イソチエシアネートにより強力なデトックス効果があります。生活習慣病の予防と心の不安を和らげる働きもあります!

セロリ

 独特な香りの元のファイトケミカルスのアビインには精神を安定させてイライラやストレスを和らげる効果があります。また、血液をサラサラにして脳の働きを活性化させます♪

緑の野菜には抗酸化作用と共にデトックス効果、ストレス緩和効果などがあります。疲れやストレスに悩まされている方は意識してたくさん摂取するようにしましょう。

黄色・オレンジの野菜・果物】

黄色の野菜、果物にはβカロテンが豊富に含まれています。抗酸化作用があり、アンチエイジング効果やがんを抑える働きなど様々なファイトケミカルスが含まれています。

cvbndfbdfgbfd

にんじん

 抗酸化力が強く、βカロテンがトップクラスに豊富に含まれてます!

かぼちゃ

 βカロテンとαカロテンが豊富。かぼちゃの栄養素は加熱しても壊れにくいので、スープや煮物で皮ごと食べて栄養をもれなく摂取しましょう♪

とうもろこし

 目の健康に有効な成分が3種類も含まれています!目の老化を予防し、老化による視力低下を防いでくれます。また、眼病予防にも効果的。

レモン

 悪玉コレステロールの酸化を防ぎ、動脈硬化を予防してくれます。香りに含まれるリモネンにはリラックス効果も♪

黄色の野菜には豊富なβカロテンによる高い抗酸化作用や免疫力アップや美肌効果が期待できます。他にも、がん抑制作用などがあるβクリプトサンチン、目にいいゼアキサンチンなどが豊富に含まれています。

紫・青の野菜・果物】

紫・青の野菜にはアントシアニンが含まれているものが多く、目の健康を保つ効果がよく知られていますね。ですが、他にも抗酸化作用やがん予防、メタボリックシンドローム予防などの効果を持つものも多いので覚えておきましょう♪

fvdsvdsfvd

赤ぶどう

 実ではなく、赤みのある皮にアントシアニンが多く含まれています。皮ごと食べることで、抗酸化力や血液おサラサラにする効果があります。

ブルーベリー

 目にいい!と言えばブルーベリーですが、それだけじゃないんです。動脈硬化やがん予防にも効果あり。また、抗菌作用もあります。

なす

 深い青紫色の正体はナスニン。なすのあくにはクロロゲン酸が含まれています。ナスニンもクロロゲン酸も、がんを抑える力やコレステロール値の上昇を抑える力があります!また、クロロゲン酸は脂肪の蓄積を抑える働きをしてくれます♪

小豆

 皮にはアントシアニンが豊富。また、苦み成分のカテキンは抗酸化力の強いファイトケミカルスとして有名。免疫の働きを整えて、アレルギーを抑えるなどの力があります!

やはり、青・紫の野菜、果物は目にいいものが多いですね。他にも免疫力の向上やアレルギーを抑える働きなど、健康のためにもどんどん摂取していきたいですね♪

の野菜・果物】

白の野菜、果物には色素成分に代わり、フラボノイド系の成分が豊富です。大豆のイソフラボンや、ねぎ、ニンニクなどのにおい成分アリシンなどの個性的でパワフルな成分が多いです。それぞれの特徴をしっかりと知りましょう♪

fdsvfdsvs

玉ねぎ

 皮に含まれるケルセチンには抗酸化作用があり、がんの増殖を抑える、抗アレルギー作用、抗炎症作用などがあります。スープなどに皮ごと加えて、食べる前に取り除くなどの皮の成分を引き出す食べ方に挑戦していきましょう!

大根

 辛み成分のアリルイソチオシアネートには肝臓のデトックス機能を活性化する効果があります。揮発性で熱に弱いため、切ったりおろしたりしてすぐにたべることがBest!!

大豆もやし

 大豆の栄養がそのまま含まれていて、大豆サポニンと大豆イソフラボンはもやしにしたほうが増加します。乳がんの予防や更年期障害の軽減に有効です。また、肝機能を高めるので二日酔い予防にもオススメです♪

にんにく

 個性的なファイトケミカルスが豊富に含まれています。強力なデトックス効果、がん予防、免疫力向上、動脈硬化予防や血液をサラサラにする効果があります。ぜひとも毎日摂取したい食材です!

紹介したように、白の野菜、果物には様々な効果があります。また、効果の期待度も高いので毎日摂取することで健康でパワフルな毎日をおくることができますね♪

【まとめ】

rthrthfgbn

ここまで様々な野菜、果物を紹介しましたね。ファイトケミカルスをまんべんなく摂ろうと思ったら、食材の知識は多いに越したことはありません!

しかし、正直に言って1500種類もあるファイトケミカルスを覚えようとしてもほとんど不可能だと思います。

なので、簡単にたくさんの栄養素を摂取できる方法をお教えします!

それは、、、食卓をカラフルに彩ればいいのです!!!

食材の色ごとに含まれるファイトケミカルスが違うのだから、いろんな色の食材を食べれば、その分のいろいろな栄養素が摂れるということですね♪

そうすれば、よりキレイで健康な体を手に入れることができますね!

みなさんもぜひファイトケミカルスを摂取することを意識して生活してみてください♪

\ SNSでシェアしよう! /

べっぴん美人の注目記事を受け取ろう

1465705473

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

べっぴん美人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Lina

Lina

どんなことでも自分で試していくことが大事だと思います。主に体に関するダイエットやエクササイズなどに興味があります。その他にも、日々の中でまだ私が知らないことがあれば吸収するよう心がけています。実体験を交えた情報をみなさんに発信していきたいと思いますのでよろしくお願いします。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ファイトケミカルスって知ってる?

  • 【ココナッツオイルでつるつる美髪♪髪への効果的な使い方】

  • 【目指せ美ボディ!私が三か月でクビレを作り上げた!超簡単テクニック♪】

  • 【誰でも簡単!CUTEな笑顔は最大の武器♪1日5分!魅惑のスマイルエクササイズ】

関連記事

  • ファンデからフルーツまで!夏の肌を守る方法10選

  • 腕を上げる事さえ躊躇してしまう脇汗。あなたのワキ汗はどのタイプ?

  • 男性絶句!!汚いお尻はNG!毛深い?ぼつぼつ?ニキビ?もしかしてあなた、汚尻ですか?

  • 47歳であかちゃんの肌?!すっぴんでも可愛い女性でいたい!

  • 爪が『痛い』『乾燥している』のは不調の証。しっかりケアして爪美人!

  • アルコール大好きな人は乳がん要注意って本当?