1. TOP
  2. 美容
  3. 産後デブ必見!育児の合間でも痩せられる!産後の【体型戻し】ダイエット法!

産後デブ必見!育児の合間でも痩せられる!産後の【体型戻し】ダイエット法!

美容
この記事は約 9 分で読めます。 299 Views
妊娠女性

こんにちは!

最近、私の友人が出産いたしまして、早く赤ちゃんに会いたくてウズウズしているhiroyukiです!

出産後にその友人と電話で話す機会があったのですが、赤ちゃんとはまだ会えていないんですよねー。

 

そんな友人からある相談を受けました。

なんでも「妊娠中に9キロも太っちゃって、これから痩せられるのか心配だよー」とのこと。

 

男である私には産後太りについてはなかなか馴染みのないことですが

友人のためならば!と、産後太り解消法と体型戻しダイエットについて調べてみました!

なので、同じようなことでお悩みの方々のためにも伝えていきたいと思います!!!

 

妊娠中は女性ホルモンの影響で体にどんどん脂肪がついてしまいますよね。

しかし、その脂肪はお腹の中の赤ちゃんを守るために必要なものです!

 

いざ出産を終えて、かわいい赤ちゃんが産まれてくれたのはいいものの

妊娠中に蓄えた10か月分の脂肪はそのまんま、、、

 

もともと痩せていた人ほど、太ってしまった自分の姿が気になるのではないでしょうか?

 

その脂肪、放っておくとどんどん増えてしまいますよ!!!

 

おデブ女性

 

女性の多くは妊娠期間中に筋肉が衰え、急激に増えた体重に腰が耐えられず、腰痛などに悩ませられているようですね。

産後の体型戻しは意識して行わないと、なかなか成功することはできません。

 

赤ちゃんもかわいいけど、、、

 

どうせなら自分も綺麗でいたい!!!

 

悩む女性

 でも、産後は育児で忙しい、、、

そんな方のために!

 

今回は、育児の合間でもできる!

 

産後の体型戻しダイエット法を紹介したいと思います!

 

【体型戻しダイエットを始める前に】

産後の体型戻しダイエットを行う前に知っておかなければならないことがありますので、解説していきます。

 

無理な食事制限によるダイエットはダメ!

サラダを見つめる女性

産後の育児中は、授乳、育児によってカロリーの消費が激しいので過度な食事制限はしてはいけません。

また、無理に食事制限をすることによって母乳を作る機能が低下し、赤ちゃんへ充分な栄養を与えることができなくなってしまうかもしれません!

 

産後1か月は絶対安静!

 

眠る女性

どんなに痩せたい意思が強くても、出産後の1か月は絶対にダイエットは行わないでください!

出産により体力をかなり消耗しているので、体が非常にデリケートな状態です、、、

産後1か月はとにかく育児に励んで安静にすることをお薦めします。

人によっては体力が戻るまでに1か月以上かかるかもしれませんので、自分の体とよく相談しながら体型戻しダイエットを行いましょう。

 

産後6か月目までが勝負!

ファイティングポーズをとる女性

実は、妊娠中についた脂肪は『流動性脂肪』と言って、運動によって比較的簡単に落とすことができる脂肪なんです!

しかし、流動性脂肪でいてくれるのも産後6か月の間だけ、、、

そこを越えると固定された落ちにくい脂肪になってしまいます。

そうなる前の6か月の内に流動性脂肪を落としちゃいましょう!

 

【母乳育児はダイエット効果あり!】

上記の①でも述べたように授乳によるカロリー消費は激しく、1日600キロカロリーにもなります。

これはご飯を一食分抜いたような計算になりますね!

 

毎日授乳することは妊娠中に蓄えた脂肪を消費することに適しています。

しかし、そこには大きな落とし穴が!

 

たしかに授乳しているとカロリーは消費されるんです。

ですが、その分『食欲』が沸いてしまうんです、、、

 

良質な母乳を作るためにはどうしても栄養が必要になるので、それは仕方のないことです。

しかし、食欲に任せて食べてしまうと消費されたカロリー以上にカロリーを摂取してしまいます、、、

 

それではダイエット効果は得られません!

そこで!お腹が空いても食欲に任せて食べるのではなく、大まかにで構わないのでカロリー計算をして、適度に食べるようにしましょう!

水分を多く取るようにすれば母乳が出なくなる心配もありませんのでご安心ください!

 

私は男なのでどうしてもわからないポイントがあるので

産後の体型戻しに適した食事について私の母親の生の声を訪ねてみました!

どうやら、1つアドバイスがあるようですね!

○食事のワンポイントアドバイス

 スープやみそ汁などの汁物を多く摂取することで、満腹感と水分量を得られ、さらに摂取カロリーを抑えることができるそうです!

【おんぶで家事をこなして痩せる!】

おんぶ紐をご存じですよね?

赤ちゃんを背中に固定するための道具です。

おんぶ紐、しっかり使ってますか?

 

あれを使うことでもダイエットはできるんですよ!

 

そう!赤ちゃんをおんぶしたまま、家事をこなせば脂肪燃焼効果が凄まじいんです!

 

考えてみてください。首の座った約5キロ以上の赤ちゃんを背負いながら掃除、洗濯、料理などをするんですよ?

それで痩せないわけがないですよね!

 

おんぶしておけば赤ちゃんの様子も見てられるし、両手が塞がらないので家事もこなせます。

そして、何よりも、、、痩せられます!!!

 

こんなに効率のいいこと他にありませんね!

おんぶ紐を持ってない方はぜひとも入手しましょう!

 

【抱っこお散歩で脂肪燃焼】

 

散歩する女性

赤ちゃんを抱っこしながらお散歩を日課にするだけでも、数キロの重りを持ちながら歩くことと同じなので、かなりの脂肪燃焼効果があります!
さらに!二の腕の引き締め効果も期待できます!

赤ちゃんの体調とお天気次第でお散歩に出かけましょう。

 

長時間歩く必要はありません。外の空気を気持ちよく感じられる程度で充分です!

目安としては5分~10分程度で構いません。

大事なことは三日坊主にならずに継続的に行うことです。

 

できれば、お散歩に行く前にスクワットを10回ほど行ってください。

それだけでダイエット効果がぐーんと上がりますよ!

【丹田ヨガで痩せる!】

妊娠中の10か月の間にどうしても筋肉は衰えてしまいます。
また、筋肉が衰えることで内臓や関節も歪みやすくなってしまいます。

それが原因で産後の体型戻しが難しくなってしまうんです、、、

筋肉、関節が衰えた状態での激しい運動や筋トレは非常に大変です。

なのでここでは肉体への負担が少ない『丹田ヨガ』でのダイエットを紹介します!

 

丹田ヨガは歪んだ関節を整え、無理なく代謝を促進することができるので、産後の女性に適したダイエット方法なんです!

 

丹田は人間の生命エネルギーが集まる部位であり、人によって体格差があるように、丹田の場所も人によって異なります。

まずは、あなたの丹田の場所を探してみましょう!

 

丹田の探し方

へそ下から指5本分のところの奧がちょうど丹田の位置になります。
体の奥で見た目に見える場所にあるわけではないので、点というよりもゾーンとしてイメージするとわかりやすいかもしれません。

【丹田呼吸】

 

丹田を鍛えていく上で、最も重要なポイントは『丹田呼吸』と呼ばれる呼吸法です。
丹田呼吸をするだけでも自律神経を整えて、代謝を促進することができ、ダイエット効果があります!

丹田呼吸の仕方

丹田呼吸は、全身の筋肉を連動させて行われます。

呼吸に合わせて体の各部位を意識することで呼吸の効果がさらにUP!

全身の代謝を活発にすることで、脂肪燃焼や引き締め効果に繋がります。

 

STEP1 丹田呼吸で吸う

①最初に、体の中にある息を全て吐き出すイメージで深く息を吐きます。

②心地よいくらいのペースで、ゆっくりと鼻から息を吸い込みます。このとき、息を吸いながらお腹が膨らみ、鼻から吸った息がそのまま頭頂部へ抜けるような感覚をイメージしましょう。 

③息を吸い切ったところで、呼吸の間を空けて、全身に酸素が回っていくのを感じましょう。

 

STEP2 丹田呼吸で吐く

①お尻から会陰のあたりを締めながら、ゆっくりと息を吐き切ります。

②息を吐き切ったら、呼吸の間を空けます。

③お尻から会陰のあたりをゆっくりと緩めていきながら、自然体で心地よく息を吸います。

 

STEP1と2を繰り返すことで丹田呼吸ができます。

次はヨガの姿勢をとりながらの丹田呼吸にチャレンジしていきましょう!

 

STEP3 好きな座り方で丹田呼吸にチャレンジ!

①自分の楽な座り方で座りましょう。

②おへそに手を当てて、丹田の位置を確認します。

③丹田に手を当てた状態のまま、ゆっくりと息を吸いながら丹田を膨らませます。

④息を吐くときにもまたゆっくりと丹田を引き締めながら息を吐いていきましょう。

ポイント:自分が楽な姿勢ならどんな座り方でも大丈夫です!

 

丹田呼吸のコツはわかりましたか?

上手くできていれば、体の内側から温まってきていることを実感できるはずです!

 

STEP4 正しい姿勢【安楽坐】で丹田呼吸!

①片足を曲げ、股関節に近づけ、その前に反対側の足のかかとを引き寄せて座ります。

②左右の坐骨に均等に体重を乗せます。

③そり腰や猫背にならないように注意しながら、腰をまっすぐに立てるようなイメージの姿勢をとります。

④あごを引き、頭が天井から引っ張られているようなイメージで背筋を伸ばします。このとき、両手は膝の上に置きましょう!

⑤良い姿勢をKeepしたまま、全身の力を抜いて自然体になりましょう。

⑥呼吸中はこの姿勢を維持し続けます!

ポイント:手のひらをへそ下に当てて、丹田の動きを感じながらやるとやりやすいです!

 

安楽坐で丹田呼吸をすることで丹田の感覚がより捉えやすく、呼吸もスムーズに行えるのを体感できるでしょう!

快適なこの状態を体に覚えさせることで、代謝のいい、健康的な痩せ体質に改善できるのでダイエット効果があります。

また、安楽坐の姿勢は股関節の歪みを矯正する効果があるので非常にオススメです!

 

お次は安楽坐の応用で、内臓の位置を整えるポーズを紹介します!

内臓への適度な刺激で位置が整い、消化、代謝を促進させる効果ありです!

 

STEP5 内臓の位置を整える!

①安楽坐の姿勢をとり、坐骨を安定させて、上体の力を抜きます。

②肘を90度に曲げて、親指を中に入れて手を握ります。肘の高さは肩の高さまで上げましょう!

③息を吸いながら、肘を後ろに引いて肩甲骨を寄せます。

④肘を引いたまま、息を吐きながら、丹田に力を入れて、上体をねじります。

⑤腰~背中を立てて肘を後ろに引き、肩甲骨を寄せた状態で6呼吸Keep!

⑥息を吸いながら上体を正面に戻し、反対側も同じようにねじります。

ポイント:体の軸を安定させて、丹田を中心にねじることを意識しましょう!

 

これにより、肩甲骨周辺の褐色脂肪細胞も刺激され、引き締め効果がさらにUP!

丹田呼吸をマスターするだけでも、かなりの脂肪燃焼効果と引き締め効果があります!

しかし、今回紹介したものは丹田ヨガの中でも基礎中の基礎なのでもっと詳しく知りたい方はこちらをクリック!リンク

 

【まとめ】

今回紹介したダイエット法はどれも育児の合間でできるものだと思います。

育児をしながらの体型戻しは大変なことだと思いますが。

赤ちゃんの成長を感じながら、あなたも理想の体へと近づいていることを実感できるでしょう。

かわいい赤ちゃんと綺麗なあなたが一緒に遊べる素敵な未来を目指して頑張りましょう!

\ SNSでシェアしよう! /

べっぴん美人の注目記事を受け取ろう

妊娠女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

べっぴん美人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

hiroyuki.T

hiroyuki.T

もともと太っていましたが、自分で調べたダイエットを実践し痩せることに成功しました。その後はどこを鍛えればどんな体になるのか。ここを痩せるにはどうすればいいのかということを常に考えています。
女性でも簡単にできるエクササイズは実はとても多いし、女性の方が簡単に効果が出やすいエクササイズなどもたくさん紹介していきます!
簡単に効果が出るものばかりなので、実際に皆さん試してみてくださいね!

この人が書いた記事  記事一覧

  • お腹が張っているのに便秘気味。それは酵素不足が原因かも

  • 酵素を多く含む食物

  • 酵素とは

  • じっとしていても垂れてくる脇汗。それは【限局性多汗症】の可能性大です

関連記事

  • ファイトケミカルスって知ってる?

  • 爪が『痛い』『乾燥している』のは不調の証。しっかりケアして爪美人!

  • 実は大嘘!?美容に良いと話題の「美容油」がニキビの原因!?

  • 睡眠をとるだけではクマは一生消えない!?あなたのクマは大丈夫!?

  • 産後変わってしまったあなた。それはあなたの骨盤のせいかもしれません。

  • センスアップのコツは似合う服を見つけること!骨格診断とパーソナルカラーを取り入れて、魅力を引き出そう!