1. TOP
  2. 美容
  3. 久しぶりのぴったりだった靴が合わなくなっていた時の対処法

久しぶりのぴったりだった靴が合わなくなっていた時の対処法

 2016/12/07 美容
この記事は約 7 分で読めます。 1,489 Views
靴を履く女性

WebMDの「Worst Shoes for Your Foot Health and Beauty With Pictures」という記事に10人中9人の女性が小さすぎる靴をはいているといる、その結果……、というTwitterの投稿を読んで、そうかもしれないと妙に納得しました。

靴について悩んでいる人や、身体の不調の原因が実は靴が合っていないからかもしれないということに気がついていないまま、それまでの靴をはき続けている女性は少なくはないでしょう。WebMDさんのつぶやきのように10人に9人くらいいるのかもしれません。

https://twitter.com/WebMD/status/804822486261043201

しかし、大人になってからも、足のサイズというのは変わらないわけではないのです。普段は泣ないようなフォーマル靴を久しぶりに履いてみた時、かなり大きく感じたり、小さく感じたりすることもあります。そこで、今回は手持ちの靴が合わない時の対処法をご説明します。

シャストフィットだったはずの靴が小さく感じる理由

 

靴を履く女性

大人になってから、小さすぎる靴はいくらデザインが気に入っていても諦めるでしょう。しかし、購入した時はぴったりだと思っても、後になってみると、靴が小さすぎると感じることがあります。それはどんな時なのかというと?

●靴を購入した時よりも現在、足がむくんでいる

足というのはむくむがとても目立つパーツのようですね。靴を購入する時には、足がむくんでいる午後、特に夕方の時間帯がよいとはよく言われていますね。あなたは必ずその時間帯に靴を履いてみてから購入していますか?

しかし、その時間帯ではない時に購入したとか、ネットで見ていたら気に入ったので購入したとか、様々な理由で手に入れた靴が小さすぎると感じる場合もあります。

靴は素材によって、履いているうちに伸びて自分のフィットするようになることもあります。革などはわりとそうですね。いい感じに馴染んでくれるものも多いです。しかし、伸びるまで履き続けるのも辛いものです。また、伸びにくい素材もあります。

その場合の簡単な対処法としては、

★履くのを諦めて、新しいうちにオークションに出す

★誰かに差し上げる

★体のむくみをなくすようにする

★ダイエットをする(急に効果は出ませんが)

 

というところでしょう。実際の原因は以下のような感じでしょう。

 

●太ってしまった

太ると靴はきつくなります。大人の場合1kg程度では小柄な人であっても服のサイズすら変わらないかもしれませんが、10㎏くらい太ってしまうと、服だけでなく靴もきつくなります。

10㎏太って、足だけが全く肉がつかないというのは逆に珍しいのではないでしょうか。妊娠中に太り過ぎて、靴もきつくなってしまったという女性は少なくないはずです。妊娠中はむくみが出る場合も多く、それまでの靴がきつく感じることもあります。

●革の靴が水分を含んで縮んだ?

革の靴など、雨や雪に濡れた後などに暖房機の前で急激に乾燥させたりすると、革が縮みます。これは雪国育ちの筆者が幾度となく経験しております。大雪で革靴が汚れた時、大型石油ストーブの前で革靴を干しとしまうと、かなり縮みます。ブーツならきつくなります。

そして、これは靴が大きすぎる時の、かなり雑な靴の縮ませ方となります。かなり雑ですけれどね。

小さくなってしまった靴を履きたい場合

小さくなってしまった靴がどうしても履きたいという場合、その履く日までに時間が有る場合は以下の2つの方法があります・

自分で革靴を伸ばす

革を柔らかくするスプレーと、「シューズストレッチャー」を使って、自分で靴の革を伸ばします。スプレーなどの使い方はそれぞれの説明書などをよく読んでみましょう。

この方法ですが、わりとオススメだったりします! 筆者は足のサイズが25㎝の女性です。幅は狭く甲は高いという足です。子供の頃から小さい靴で我慢してきた経験が多いので、この件については自信があります。

靴はほんの少しだけゆるくなるだけで、履き心地は大きく変化します。有名ブランドのとても高価な靴などはきちんと修理をしてもらったほうがいいのは間違いないですが、少し古くなった靴や微調整をしてみたい場合は、自己責任でやってみましょう!筆者はシューフィッターとかシューストレッチと言われる木製の靴型を購入して自分で行うのがオススメです!

ただし、そんなに何度も使わない物なので邪魔になるという方はシューフィッターや革を柔らかくするクリームやスプレーなどは邪魔になってしまうかもしれません。そんなに高い物ではないですが、よく考えて購入しましょう。

靴のサイズ調整の専門店にお願いする

靴のサイズ調整をしてくれる専門店があります。「ストレッチ」というサイズ調整を1,500円前後でやってもらえるようです。

友人でやってもらったことがある人がいます。その人の話しでは「ストレッチ」はゆっくりと革を伸ばすので、1週間くらいかかったそうですが、とても快適になったということです。

長く履いていきたいと思っている大切な靴であれば、修理に出すほうが安心かもしれません。

大きくなってしまった靴を履きたい時

ハイヒールの女性

ぴったりと合っていたはずの靴を数年ぶりに履いてみると、すごく大きく感じる時もあるかもしれません。たとえば、滅多に履くことのないフォーマル靴を突然の訃報があって履くことになった場合、その靴がすごく大きくなってしまっている場合もあります。

では、大きくなってしまった靴をどうしても履きたい場合の対処法です。

急な場合はつま先に「何か」詰める

インソールの買い置きがあればそれを敷くだけでかなりスキマがなくなり、履き心地がよくなりますが、そういう物が全くない場合もあるでしょう。

その場合は、一時的にでも、つま先に何かを詰めましょう。

古ストッキング

コットン

ティッシュ

これらは女性の家には大抵あるでしょう。一番のオススメは古ストッキングを適当な大きさに切ってつま先に詰めることです。

昔、クラシックバレエを習っている子は、トウ・シューズの中に古ストッキングを詰めたり、足指に巻いたりして、トウ・シューズを履いていました。古ストッキングは悪くないですよ!

なお、ティッシュですと、靴の中で足が汗をかくと、ティッシュがボロボロになって汚くなり、その後、靴を脱がなければならない時に、ちょっと恥ずかしい思いをするかもしれませんので注意が必要です。

「インソール」などを購入する

インソールは種類が豊富です。100円ショップにも種類は少ないかもしれませんし、それぞれの人にぴったりなのはないかもしれませんが、置いてあることが多いです。出かける途中で購入できるなら購入して、それを使ってみましょう。

両面テープもあれば一緒に購入しておきましょう!インソールは履いている時にずれてしまうこともあります。それを防止するために、インソールを両面テープで貼って固定すると安心です。

シューズ売り場などを通るのであれば、目的に合ったインソールを購入しましょう。シューフィッターなど相談に乗ってくれる方がいれば相談するのをオススメします。自分で決めたいという場合、しっかりと自分に合った物を見つけましょう。

インソールの選び方

靴がかなり大きい場合は靴の底全面に敷くタイプで、土踏まずのアーチの部分もしっかりと支えてくれる物がラクです。

パンプスや浅い靴の場合は靴全体にインソールを敷いてしまうと、靴がよけい浅くなり脱げやすくなります。そのような靴の場合は靴の前面だけに敷く半分くらいの大きさの物が使いやすいですよ!

におい対策ができるインソールもあるので、においが気になる人はそのタイプがオススメです。かなり効果のあるインソールもあります!

つま先の部分にだけ固定して使うインソールもあります。

「シューズバンド」や「シューズストラップ」を購入する

シューズバンドやシューズストラップは、1組ぐらい購入しておくとよいです。靴が脱げない安心感というのはとても大きいです。靴が脱げないように意識した歩き方は美しくないですし、腰を痛めます。

フォーマルな服装にフォーマルな靴というスタイルの場合、シューズバンドは合わせるのが難しいかもしれませんが、シューズベルトならば違和感なく使えるかもしれません。歩いていて、ぶかぶかの靴がかかとから脱げたりするほうが、よっぽど恥ずかしいですよね!

まとめ

靴棚

大人になったらもうずっと同じ靴がはけるのかな、と思っている人も多いかもしれませんね。しかし、大きく痩せたり太ったりすると、靴のサイズは変わります。

普段全然履かないフォーマルシューズを何年かぶりに履くような場合、靴が小さく感じたり大きく感じたりすることがあるんです!そのような時に、少しでも慌てず、快適になんとかその靴を履ける方法をまとめてみました。

参照

Worst Shoes for Your Foot Health and Beauty With Pictures

\ SNSでシェアしよう! /

べっぴん美人の注目記事を受け取ろう

靴を履く女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

べっぴん美人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

えむゆう

えむゆう

たくさんのことの興味がありすぎて、いつも時間が全然足りない、幸せなのか不幸なのかわからない人です。年を取っても、全然落ち着きません。流行り物、季節限定の物には飛びつかないと気がすみません。今までのところ、人生の1/7くらいアメリカで過ごしているので、1/7くらいアメリカ人気質が混じっているかもしれません。
出来るだけ皆さんに楽しんでもらえるような記事を書いていこうと思います!

この人が書いた記事  記事一覧

  • 超簡単!自分だけのミネラルファンデーション作ってみましょ

  • クレイパックもアロマで攻略?簡単レシピでつやピカ肌を手に入れよう

  • アロマテラピーの魅力、とり入れ方、トリートメントとは?

  • 大人のオンナがテンション上げたい時の精油6選とその使い方

関連記事

  • 超健康的超簡単!ラベンダーの精油で自分をいやしちゃう方法

  • ジムに通っているのに痩せない、、、それは効果的な運動ができていないだけ!最短2ヵ月で痩せる!鉄板メニュー!!

  • 男性はかなり気にしている!?乳首が黒ずんでしまう原因

  • クレイパックもアロマで攻略?簡単レシピでつやピカ肌を手に入れよう

  • コスパ最高のナチュラルミネラルウォーター(シリカも入っている!)

  • 【誰でも簡単!CUTEな笑顔は最大の武器♪1日5分!魅惑のスマイルエクササイズ】