1. TOP
  2. 美容
  3. 大人のオンナがテンション上げたい時の精油6選とその使い方

大人のオンナがテンション上げたい時の精油6選とその使い方

 2016/12/24 美容
この記事は約 8 分で読めます。 113 Views
large

今、もう少しだけ元気が欲しい、自分を持ち上げたい時、アロマテラピーの力を借りちゃいませんか?アロマテラピーは、精油という自然の植物から人工的に作られた香りを使って、私たちの心身をより良い状態に近づけるという療法です。

 

しかし、最初は難しく考える必要はありません。人間の身体もなかなか賢いです。必要な物を求めます。今この香りがすごく気持ちがいいと感じる香りが、身体が求めている香りなのかもしれません。

 

アロマテラピーでは自分の好きな香りであるということを大切にします。アロマテラピー初心者はまずは好きな香りであることにこだわってみましょう。そこにあなたの特性が隠されているかもしれません。

 

では、少しでも元気を出したい、もっと自分を持ち上げたい時に、オススメの精油の香りと使い方をご紹介します。

 

■ゼラニウム

ゼラニウムの香りはバラの香りに似ているという人も多いらしいのですが、バラの香りもかなり幅があるので、どうもピンときません。筆者えむゆうはバラの香りも、ゼラニウムの香りも好きですし、間違えたことはなかった気がします。

 

ゼラニウムの香りはとても華やかでパワーがあります。元気が出ない時や不安が多い時には、ゼラニウムの華やかな香りパワーで持ち上げてもらえるかもしれません。

 

女性の味方の精油なので、ホホバオイルなどにほんの数滴ゼラニウムの精油を溶かし、それで、トリートメントをするのもオススメです。香りの効果と精油に含まれる成分、そして、植物性のオイルの油で肌と体調を整えてくれます。

 

どんよりしたお天気の日、室内も薄暗く気分が晴れなくても、南アフリカ原産だというゼラニウムの香りで、一気に雰囲気が変わるかもしれませんよ!

 

なお、虫よけとして使える精油だということを覚えておくとよいでしょう。虫よけが切れてしまっている時には、アロマランプやディフューザーでゼラニウムの精油の香りを漂わせましょう。

 

ゼラニウムの主な産地はイタリア、エジプト、スペイン、モロッコ、フランスなどです。

 

■イランイラン

「この香りが官能的なの?」と不思議に感じる人も多いかもしれませんが、イランイランの花びらはインドネシアの新婚夫婦のベッドに飾られるんだとか!癖のある香りなので、好き嫌い見事に別れます。

 

あなたはどちらでしょうか?筆者えむゆうはベッドルームでは使ったことがありませんけれど、強烈に大好きです。

 

えむゆうは雪国札幌に住んでいるからなのか、毎年冬が近づくとがっかりして、「冬季うつ」のような状態になることが多かったです。北国は秋の季節の進み方がはやく、その季節の進みを感じとり雪をそうぞうするだけで笑えなくなってしまうことが多かったです。

 

そんな時にイランイランの香りに助けられました。今はイランイランのおかげなのと、年を取ったこともあるのか、何ともなくなりました。けれど、30代の前半まで、秋になると、「寝過ぎ」、「スイーツ食べたくなり過ぎ」で、とても困りました。

 

アロマテラピーをはじめてからは、テンションが上がらない時にはこのイランイランの香りにお世話になっています。この香りは「いかにも南国の花の香り」という感じなのです。

 

雪降りの暗い日、アロマランプでこの香りを自分の周囲に漂わせていると、段々と遠い夏のビーチや、何故か花がたくさん咲いている温室が頭の中に浮かび、気分が高揚してくるのです。

 

そしてこの高揚感こそが!

 

官能的な香りといわれる所以なのでしょう。香りが残るのを気にしなくてもよい日、カレと官能的な時間を過ごす時に使ってみると楽しいひと時が過ごせます。

 

ホホバオイルなどにイランイランを溶かして、ふたりでお互いに体に塗りあって楽しみましょう。

 

オイルによる体の不思議な滑りと温かさが、お互いの身体の感触と動きを変えます。お互いに別の人と楽しんでいるような快楽の道に誘ってくれるでしょう。「マンネリエッチ」にもいいかも。

 

ここで注意!

■■■「光毒性(ひかりどくせい)」について大切なこと!■■■

ここで大切なことをお話しします。「光毒性」についてです。なぜあえてここでお話しするかといいますと、これからご紹介する精油にこの光毒性を持つものが多いからです。

「(公社) 日本アロマ環境協会 | よくあるご質問 | アロマテラピーに関するQ&A」によると、この光毒性というのは、紫外線に当たることによって炎症を起こしたりすることです。

ショックなことですが、この光毒性のある精油を紫外線を浴びるような時間帯に肌に付けていると、シミになったりしやすいのです。

シミになるリスクを避けるためには、光毒性のある精油は夜に使用するのが無難ですね!「ベルガモット」、「レモン」・「グレープフルーツ」などは光毒性がありますので覚えておいてくださいね。

同じ柑橘系でも「オレンジ・スイート」(「スイート・オレンジ」と表示しているブランドもある)やマンダリンには光毒性はありません。

 

 

■レモン

レモンなどの柑橘系の香りは多くの人に好かれる、多くの人に慣れ親しんだ香りですが、特に10代の若い人に人気ですね。

 

口の中が酸っぱくなりますが、元気にもなれる香りですね。精油のレモンの香りは、実際のレモンの香りよりも穏やかです。若い人であればレモンの精油を入れて自分専用のローションを作りたいと感じるかもしれませんね。

 

しかし、レモンには光毒性があるということを忘れてはいけません。若いうちからシミを作りたくなければ、レモンの精油入りのローションは日中に使うのはおススメしません。

 

夜、お風呂上りに使うならよいでしょう。精油のレモンの香りは劣化しやすいですから、自家製化粧水に入れたらはやく使い切りましょうね。

 

■グレープフルーツ

グレープフルーツは万人向けの香りですね。これも光毒性があるので、日中に肌につけないようにしましょう。

 

グレープフルーツの香りはレモンほど口の中を酸っぱくする香ではないので、深く吸い込みたくなる香りですね。それが気分転換にもなるでしょう。

 

ただし、グレープフルーツには光毒性があると言われていますので、日中はこの精油を肌につけないようにしましょう。

 

■ベルガモット

ベルガモットといえば、アールグレイティー!あの香り、いいですよね。やすらぐ香りだと感じませんか?とても人気のある香りです。ただし、紅茶に興味のない方の場合、ベルガモットがミカン科の植物であることを知らないかもしれませんね。

 

このベルガモット、光毒性は柑橘系の中でも最も強いです。日中はベルガモットの精油が肌についていることのないように注意しないといけません。

 

このベルガモットの精油はブレンドに向いているので、アロマテラピーファンは結構ブレンドを楽しんでいる人が多いようです。

 

えむゆうのベルガモットオススメブレンド

  • ゼラニウム・・・ゼラニウムの甘さがベルガモットにより少し和らぐ感じがするかも
  • イランイラン・・・イランイランの癖が少し和らぐ
  • サイプレス・・・サイプレスというのはヒノキですが、ヒノキの香りだけよりも、ベルガモットをブレンドすることで、若々しいオリエンタルな香りになる
  • ラベンダー・・・ラベンダーの香りに飽きたらブレンドしてみよう

この他にも、色々な組み合わせを楽しんでいる人も多いです。ブレンドは楽しいですよ!

 

■ネロリ

このネロリの香り、筆者えむゆうは今まで使ってみたことのある精油の中で最も好きです。あの小さな精油のボトルを何十本購入したことでしょう。

 

優しく上品で清楚な香りのネロリ、穏やかに気分を持ち上げてもらえる香りのような気がします。アロマテラピーをまだ知らない方で、この香りを嗅いだことのない方には是非、一度、香りを嗅いでみていただきたいです。

 

この香りが「オレンジ・ビター」とか「ビター・オレンジ」とかいわれるミカン系の花の香りだとはびっくりするでしょうね。

 

更に、筆者えむゆうはこのネロリで自家製化粧水を作ることが多いのですが、肌が柔らかくなる感じがします。実際にネロリは多くの化粧品に使われていますので、やはりスキンケアには向いていそうですね。

 

何しろ香りが素敵なので、スキンケアが楽しみになってしまいます。えむゆうが友人に精油をプレゼントするなら、その友人の顔がわりとてかっている感じ、要するにちょっとオイリーかなと感じる場合、第1候補はネロリです。化粧水の作り方を教えてあげちゃいます。

 

■色々な香りを試してみたい人には

ここに出てきた精油の香りを全部一回くらい嗅いでみたいという人もいるでしょう。どれにも興味があって、ひとつだけに決められないのも無理はありません。

 

そういう人にオススメなのはアロマテラピー検定の香りテスト用のキットです。アロマテラピー検定2級用の精油と1級用の精油がセットになって売られています。量が少ないので、種類は豊富でも、香りを嗅いだり、自家製化粧水を作ったりしているうちに使いきれます。

 

■まとめ

笑顔なんて簡単に作れるけれどめんどう!笑顔のお面でもつけていたいなんていう時、精油の力を借りちゃいましょう!香水でも、好きな香りを嗅ぐとテンション上がりますよね?あのノリです!それでいいんです。

 

ただ、ティッシュに精油を1滴落として、時々その香りを嗅ぐだけでもいいですし、アロマランプなどを使うのももちろんOK!顔がほころんでいる自分、心が溶けた自分に気がつくと、ちょっとラクになりますよ!

 

【参照】

(公社) 日本アロマ環境協会 | よくあるご質問 | アロマテラピーに関するQ&A

\ SNSでシェアしよう! /

べっぴん美人の注目記事を受け取ろう

large

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

べっぴん美人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

えむゆう

えむゆう

たくさんのことの興味がありすぎて、いつも時間が全然足りない、幸せなのか不幸なのかわからない人です。年を取っても、全然落ち着きません。流行り物、季節限定の物には飛びつかないと気がすみません。今までのところ、人生の1/7くらいアメリカで過ごしているので、1/7くらいアメリカ人気質が混じっているかもしれません。
出来るだけ皆さんに楽しんでもらえるような記事を書いていこうと思います!

この人が書いた記事  記事一覧

  • 超簡単!自分だけのミネラルファンデーション作ってみましょ

  • クレイパックもアロマで攻略?簡単レシピでつやピカ肌を手に入れよう

  • アロマテラピーの魅力、とり入れ方、トリートメントとは?

  • 大人のオンナがテンション上げたい時の精油6選とその使い方

関連記事

  • 【恐怖】顔がシワシワに!?気付かぬうちに進行する隠れ乾燥肌のメカニズムとは!?

  • 【悲報】梅雨で顔がパンパンに!?梅雨は太る季節!?

  • ダブル洗顔不要!赤ちゃんも使えるオーガニック温感クレンジング

  • 甘酒であったまりながら便秘解消&ダイエットしちゃお!

  • 飲めないときの強い味方【ノンアルコールビール】には女性に嬉しい美容&ダイエット効果がたっくさん!

  • なんでこんなにワキ汗が出てくるの。自分の意志で止められたらいいのに。