1. TOP
  2. 健康
  3. ウォーキングでアンチエイジング!ウレシイ15の効果

ウォーキングでアンチエイジング!ウレシイ15の効果

 2016/08/14 健康
この記事は約 8 分で読めます。 765 Views
lgi01a201402111300

23d1afca039ab955de2449babb538859_s

ウォーキングと言えば、特に何も準備しなくてもすぐに始められる「有酸素運動」。それなのに、厚生労働省の身体活動・運動によると、日本では運動が健康に欠かせないものだという知識は普及していても、実際に運動を定期的に行っている方は多くないということです。

確かに、日本人は熱しやすく冷めやすいのか、何かを始めても、あっという間にやめてしまっているということがありそうですね。特に、ウォーキングは雨の日のお休みが、長い中断のきっかけになりやすかったりします。

しかし、「ポケモンGO」 

がリリースされてから、よく歩くようになったという方も増えているようです。確かにこのスマホゲームは歩くことを楽しくさせてくれます。この際、ポケモンGOを自分なりの楽しみ方で楽しみながらウォーキングを続けるなんているのはいかがでしょうか?そのウォーキングの魅力を15個ご紹介しちゃいます!

  1. 痩せ効果

運動をするからにはやはり痩せ効果を期待しちゃいますよね!ウォーキングを健康で、引き締まった体を作る手段にしましょう。ただし、焦ってはいけません!ウォーキングだけでのダイエット効果はゆっくりかもしれませんが、確実なアンチエイジングにつながります。

  1. 1ヶ月で1㎏減量はいけそう!

カロリーとは|健康のつくりかた|タニタ」によると、1kgの脂肪を減らすためには7,200kcalも消費しないといけないいうことです。

1ヶ月で1㎏の脂肪を減らすためには、毎日240kcal多く消費するようにしないといけません。毎日ケーキを食べている人でしたら、そのケーキを食べなければ簡単に達成できるでしょう。多くのケーキは240kcal以上あります。

しかし、ケーキを始め、たくさんのスイーツを全く食べないというのはちょっと考えられないという方が圧倒的ですよね!そこで、ウォーキングの出番です!

ただし、カロリーの消費量は性別、年齢、体重、筋肉量など様々な要素で人それぞれかなり違ってきます。ウォーキングの速度によっても、消費するカロリーが違ってきます。目安としてですが、体重50kgの方が100kcal消費するには約23分ウォーキングが必要です。

  • エネルギー消費量(kcal)1.05×METS×体重(kg)×時間(h)

この計算式で、運動によるエネルギーの消費量がわかります。METS(メッツ)とは、安静の時を1として身体活動の強度のことです。詳しいことは国立健康・栄養研究所のページを参考にしてくださいね。

ウォーキングのMETS3から5くらいで計算します。速度によって違ってきます。ここではMETS5として計算しています。これに当てはめて計算しますと、50㎏の方と同じ23分のウォーキングで45kgの方ですと90kcalほど、55㎏の方ですと110kcalほど消費します。

このように考えますと、1ヶ月間、少しはやめの速度で毎日1時間歩けるとしたら、240kcalはウォーキングで消費できそうですね。またはスイーツなどの間食を少し減らし、1日の摂取カロリーも見直せば1240kcalなら、なんとかなりそうですね!

  1. 姿勢を気にして歩くことで体系のゆがみも直る

自分の歩いている時の姿をチェックしたことがありますか?時々、陰に移る自分の姿を見て愕然としたことはありませんか?自分が思っていたよりもずっと前かがみで歩いていたとか、立ち姿が横から見てS字状になっていたりしませんか?

この姿勢を正して、良い姿勢で歩くだけで、ゆがんだボディーラインを徐々に本来の美しいボディーラインに改善できます。お腹を「キュッ」とひっこめ、背を「ピン」と伸ばし、視線を「スーッ」と少し遠くにして歩くだけで、普段とは違った筋肉を使えることになります。若々しく元気そうに見えるようにもなります。

  1. スポーティーなファッションが楽しめる

    afafe1d94228fd62ecd3ba928d68a204_s

ウォーキングは基本的には歩きやすい靴と、季節に応じた身体を動かしやすい服を着るだけで充分楽しめます。しかし、休日の日のウォーキングはウォーキングを意識したスポーティーなファッションを楽しみましょう。

靴底が特別な設計になっていて、ダイエット効果が高いと言われているシューズもあります。その靴を履くだけで、少しでも痩せやすくなるなら履いてみたいと思いませんか?

普段はスポーティーなファッションをすることがない方にとっては、自分の新しい魅力を発見するチャンスです。子供のころからスポーツが苦手だった方も、大人になってスポーティーなファッションをしていると、とても若々しく、アクティブな方に見えますよ!せっかくですから、変身しちゃいましょう!

  1. メンタルヘルスに効果がある

    020181a88b567b20e52123e15b937c78_s

ウォーキングをしていると、歩き始めは色々なことを考えていたりするのですが、長距離歩いているうちに、だんだんと何も考えなくなっていたりします。いい意味で、頭の中が空っぽになります。身体の隅々まで暖まって気持ちの良い汗を流すことができます。そのあと、シャワーを浴びれば、心身ともに老廃物を洗い流せる感じになれます。

  1. 質のよい睡眠がとれる

ウォーキングで体を疲れさせると、入眠しやすくなります。深くぐっすりと眠れるようにもなります。要するに、睡眠の質がよくなります。質のよい睡眠がとれると、気分がすっきりしますし、体調もよくなりますので、肌の調子だってよくなります。たくさんのことがウォーキングのおかげで、好転するかもしれません!

  1. 高血圧の予防

若い方の場合、あまり高血圧は気にしなくても良い方が圧倒的でしょうが、年齢と主に上がりやすかったりします。ウォーキングは高血圧の予防にも効果があるとされていますので、毎日の生活の中で取り入れたいですね。

  1. 素敵な光景に気がつく

    af06ae33d3cf1225078fc3c205fa2a12_s

季節の移り変わりを感じながらのウォーキングは、小さな発見や驚きがあります。なぜか1本だけお気に入りになってしまう桜や梅、桃などの木などとの出会いもあるかもしれません。毎年同じ場所に咲く小さな草花が、とても愛おしくなることもあります。そんな自分だけのちょっとした発見を増やしていくのも小さな楽しさです。

  1. 良い出会いがあるかもしれない

外に出ている時間を増やし、行動半径を広げると、出会いのチャンスも増えます。その中には親しくなれる方もいるかもしれませんし、将来の恋人になる方もいるかもしれません。人懐っこい地域猫ちゃん」との出会だってあるかもしれません!

  1. 110分くらいのウォーキングを数回繰り返すのもOK

健康効果を期待するには、毎日20分とか30分とか歩き続けなければならないと聞いたことがあり、初めから全くやる気が起きない方もいるかもしれません。また、初めても続かないというパターンもあるでしょう。

しかし10分のウォーキングを数回繰り返すならできそうではないですか?家から10分の距離の所に徒歩で買い物に行って帰ってくるだけでもいいのです。それでも、何年も何十年も続ければ、大きな違いになります。

  1. 好きな曲を3曲聞く時間にできる

個人差はかなりありますが、10分で1000歩前後歩けるようです。歩数計でしっかり測定すると、そのくらいになる方が多いでしょう。筆者の場合、歩数計で測ったところ、10分で750歩くらいでした。

音楽なら2曲から3曲聞くと10分になります。3曲まるまるは聞けないでしょう。ただし、音楽を大きく聞きながら歩いていると、周囲の状況に気が付きにくい時がありますので、くれぐれも注意しましょう。

  1. 語学の勉強時間にできる

NHKラジオの語学番組の多くが10分から15分くらいです。ウォーキング中に聞く流しで、太らない健康な身体と語学力を手に入れましょう。

  1. 無酸素運動も取り入れるとスリム効果アップできる

    a0960_007506_m

有酸素運動は筋肉を大きくするための運動ではありません。筋肉をつけるには無酸素運動をする必要があります。無酸素運動の代表的な物はダンベル体操など、短時間で筋肉を使う運動です。

この無酸素運動で筋肉を育てると、身体が締まるだけでなく、よりカロリーを消費しやすくります。筋肉がカロリーをとても消費するからです。ですから、筋肉を大きくして、有酸素運動であるウォーキングをすると、痩せやすくなるという素敵なメリットがあります!

  1. 下肢を鍛えることはアンチエイジングに繋がる

運動をしない期間が長くなれば長くなるほど、筋肉は衰えていきます。更に、「みんなの家庭の医学

によりますと、筋肉量は40歳くらいから急激に低下し、上肢の筋肉量の低下に比べて、下肢の筋肉量の低下率が3倍くらい大きいということです。

この老化による筋肉の衰えは栄養と運動と運動で補っていかなければなりません。ウォーキングがアンチエイジングに繋がりますね!

  1. 思いがけないアイディアが浮かぶ

ウォーキングをしていると、それまで思いつきもしなかった素敵なアイディアがぽっと浮かんだりしやすいです。仕事や勉強、研究などで行き詰まった時には、思い切って外に出て、好きな方角に歩いてみませんか?

お金をかけないで、誰でも簡単に始めることができるウォーキングで、健康で、いつまでも若々しいボディーラインをキープしましょう!

images (2)

【参照】

身体活動・運動|厚生労働省

カロリーとは|健康のつくりかた|タニタ

筋肉の衰えを防ぐには | 名医のコラム | コミコミクリニック みんなの家庭の医学

100kcal消費するのにジョギング15分以上!?100kcal消費するための運動時間 健康ダイエット – Yahoo!ヘルスケア

特定保健指導におけるアクティブガイド

国立健康・栄養研究所

\ SNSでシェアしよう! /

べっぴん美人の注目記事を受け取ろう

lgi01a201402111300

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

べっぴん美人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

えむゆう

えむゆう

たくさんのことの興味がありすぎて、いつも時間が全然足りない、幸せなのか不幸なのかわからない人です。年を取っても、全然落ち着きません。流行り物、季節限定の物には飛びつかないと気がすみません。今までのところ、人生の1/7くらいアメリカで過ごしているので、1/7くらいアメリカ人気質が混じっているかもしれません。
出来るだけ皆さんに楽しんでもらえるような記事を書いていこうと思います!

この人が書いた記事  記事一覧

  • 超簡単!自分だけのミネラルファンデーション作ってみましょ

  • クレイパックもアロマで攻略?簡単レシピでつやピカ肌を手に入れよう

  • アロマテラピーの魅力、とり入れ方、トリートメントとは?

  • 大人のオンナがテンション上げたい時の精油6選とその使い方

関連記事

  • イライラの原因?カルシウム不足が招く弊害について

  • 魚油DHA・EPAよりランク上!?のクリルオイルは脳の働きをサポートする極上オイルだ!

  • あなたのお肌【ハリがない】【ガサガサ】なのは、腸内環境の乱れが原因だ。

  • どうしよう?出ない…摘便しちゃう?出そうで出ない便秘の対処法

  • 近年増加傾向にある乳がん、基礎知識と自己診断の重要性

  • 育児ストレスで爆発寸前!先輩ママのストレス解消体験談