1. TOP
  2. 健康
  3. イライラの原因?カルシウム不足が招く弊害について

イライラの原因?カルシウム不足が招く弊害について

 2016/09/25 健康
この記事は約 4 分で読めます。 120 Views
gyunyuu

アナタの周囲にいつもイライラしている怒りっぽい人はいませんか?

だれでも物事が思うように運ばないと多少なりとも苛立ちを覚えるものであり、それはごく自然な感情です。

でも明らかに感情の沸点が低く、何かあるたびにイラついている人っていますよね。

「イライラの原因はカルシウム不足」、という話は一度くらい聞いたことがあると思います。

カルシウムといえば骨を丈夫にする栄養分で有名ですね。

では本当にカルシウム不足とイライラには因果関係があるのでしょうか?

 →血液中にカルシウム濃度が不足すると脳神経に影響がでます

栄養として摂取したカルシウムは血液を通して、全身に運ばれます。血液中のカルシウム濃度が薄くなると脳神経に作用し、興奮を抑える作用が弱くなることが分かっています。

カルシウム不足だと脳が興奮しやすくなり、イライラしやすくなるという話は一定の説得力を持ちます。

血中のカルシウム濃度が不足すると骨に蓄積されているカルシウムが血中に流れて不足を補う働きがあります。

そのためカルシウム不足の場合はまず骨が弱くなり、脳神経に作用してイライラの原因となるのはその後、かなりカルシウム不足が深刻になってからという理屈になります。

以上のことから、すぐにイライラしてしまうのはカルシウム不足、というのは少々疑問符がつく説といえます。

 健康にも悪影響を及ぼすカルシウム不足

実は日本人のほとんどが慢性的なカルシウム不足であることが指摘されています。

特に日本人の女性は全体の9割以上がカルシウム不足なのだそうです。

カルシウムといえば丈夫な骨を作る栄養素ですが、それ以外にも以下のような効果があります。

・動脈硬化予防

・筋肉の動きをスムーズにする

・ホルモン分泌をスムーズにする

どれも素晴らしい効果といえますが、カルシウム不足ということはそれらの効果に悪影響を及ぼすということです。

カルシウム不足は骨が弱くなり、骨粗しょう症のリスクが高まるといわれています。カルシウム=骨の栄養、という認識はごく一般的ですが、それ以外でも新陳代謝の低下を招くため肌のトラブル原因となります。

また上述したようにカルシウムは脳神経の興奮を抑える働きがあるため、不足すると不眠症の原因になるのでは?という説も有力視されています。

カルシウム=イライラの原因、というよりは、睡眠不足の原因になる、というほうが現実味があるように思えますね。

また、上記で血液中のカルシウムが不足すると骨の成分から補充されると解説しましたが、その過程で血流に負担をかけ、高血圧の原因になることもわかっています。

以上のように、カルシウムは骨の健康だけでなく、脳神経の興奮作用や肌のトラブルの原因にも影響するのです。

どうすればカルシウムを無理なく、摂取できるのでしょうか?

 

【体験談】カルシウムといえば牛乳、でも体質に合わない場合も…

やはりカルシウムといえば牛乳ということで、カルシウム不足を補うために牛乳を積極的に飲むようにしました。

しかし私の場合、牛乳を飲むとすぐにお腹を下してしまいます。友人にもカルシウム不足で牛乳を積極的に飲むようになった人がいますが、その人は平気で200mlのパックを一気飲みしちゃいます。

栄養士の話によると子供のときはほとんどが牛乳は平気だけど、大人になるにつれて、牛乳を飲むとすぐにお腹を下してしまう体質とそうでない体質に分かれるそうです。

これは牛乳に含まれる乳糖成分【ラクトース】を分解するための消化酵素【ラクターゼ】が働くかどうかによるものだそうです。

子供のうちは当たり前のように体内で【ラクターゼ】が働くため、牛乳を飲んでも平気です。

しかし大人になると人によっては【ラクターゼ】の働きが鈍くなり、牛乳を飲むとすぐにお腹を下してしまうことがある、ということです。

確認する方法は簡単です。特にお腹の調子が悪くないときに、牛乳を一気飲みしてみればわかります。

これでお腹にダメージがきたらアナタは【ラクターゼ】の働きが悪い体質であり、牛乳との相性が良くない、ということになります

ti-zu

 

牛乳に相性が悪い場合はチーズやヨーグルトなどの発酵食品を食べましょう

カルシウムが豊富な食品は牛乳だけではありません。

牛乳は発酵させてチーズやヨーグルトに加工するとお腹が痛くなる原因となる【ラクトース】が分解されて少なくなり、牛乳に弱い人でも大丈夫です。

牛乳よりもヨーグルト、ヨーグルトよりもチーズのほうがより【ラクトース】が分解されているため、お腹を下さずに乳製品からカルシウムを摂取するにはチーズがベストです。

ちなみに豆乳にも牛乳と同じくらいカルシウムが含まれています。豆乳にはお腹を下す原因となる【ラクトース】が含まれていないため、牛乳でお腹を下す人でも飲むことができます。

また豆乳は女性ホルモンの働きを活発にする【イソフラポン】が豊富に含まれるため、特に女性には豆乳がオススメです。

\ SNSでシェアしよう! /

べっぴん美人の注目記事を受け取ろう

gyunyuu

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

べっぴん美人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Y・takizawa

Y・takizawa

美容とは身体の外側からも内側からもキレイになるように努力し、自身を磨きあげることだと考えます。
特に身体を内側からキレイにすることは美容の本質であり、身体と共に精神に対するヒーリング効果が期待できます。
身体を外からも中からもキレイに磨き、それが幸福感につながり毎日笑顔で過ごせるようになる、これが理想の美容道である。
記事を書く時はいつもそんなようなことを考えています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 乾燥の季節到来!知っておきたい肌の老化現象と乾燥肌の仕組み

  • 再生医療の進歩から見える最新のアンチエイジング

  • 男性はかなり気にしている!?乳首が黒ずんでしまう原因

  • 近年増加傾向にある乳がん、基礎知識と自己診断の重要性

関連記事

  • 本当は怖いストレスと鬱病の話

  • 太らない体質?違います!本当に怖い胃下垂の正体。

  • 最近便秘だ。そんな人のために、おいしいリンゴの○○ジュースを紹介します!

  • あなたは肩こりでこんな間違いをしていませんか?

  • 魚油DHA・EPAよりランク上!?のクリルオイルは脳の働きをサポートする極上オイルだ!

  • あなたのお肌【ハリがない】【ガサガサ】なのは、腸内環境の乱れが原因だ。